敏感肌の白髪染めを選ぶポイント

■白髪染めの危険性

突然ですが、白髪染めはちゃんと選ばないと危険がいっぱい!って知ってました?

何が危険かというと、やはり内容成分でしょう。
白髪染めのような毛髪を染めるものは、当然頭皮にも付着することもあるでしょうし
その内容成分にはこだわって選ばないと、髪にダメージを与えるだけでなく
頭皮や健康にも大きな影響があります。

■危険な成分

■ 発ガン性物質
パラフェニレンジアミン(PPD):少量の接触や飛沫の吸入で、皮膚炎やむくみ、結膜円、鼻炎、気管支喘息など粘膜の障害を起こします。間違って飲んだり、なめたり、皮膚から体内に吸収されてしまうと、貧血、腎臓障害や全身の骨格筋細胞が壊れる横紋筋融解などの重篤な病気が起こります。

アミノフェノール、レゾルシン:血中の鉄を酸化させ、その結果、酸素が十分に体内に運ばれなくなり、チアノーゼ(皮膚や粘膜が紫色になった状態)呼吸困難などが起こります。

過酸化水素:皮膚への刺激が強く、アレルギー障害や腎臓障害を引き起こす可能性が指摘されています。
その他【***アミン】【アミノ***】の様に、名前の一部にアミン、アミノがつくものにはパラフェニレンジアミン(PPD)と同じ毒性があると言われています。

上記のような成分を配合した白髪染めはやめておいたほうがいいでしょう。

もう一つ知っておいてほしことがあります。
それは、一般的に
「染まりやすい・手軽にできる・価格が安い」=「害が強い」
「染まり難い・手間が掛かる・価格が高い」=「害が少ない」

ということです。

価格が高く、染め難い、それでも安全性を優先するか?価格の安さ、染まりやすさなどの利便性を優先するか?簡単に言うとこのようになりますが、中には染まりやすいものや

価格的にお得に購入できるものもあります。

このサイトでは安全な白髪染めをいろいろ集めてみましたのであなたの

白髪染め選びのお役に立てればと思います。